クリスチアーノ・ロナウドでおなじみ!腹筋が割れる「シックスパッド」!

このページの目次

 

クリスティアーノ・ロナウド氏のトレーニングメソッドとして一般に広く知られるようになった「シックスパッド」。

 

森谷敏夫氏のEMS理論、独自の開発によって生まれた新周波を実現するMTGのテクノロジー、ロナウド氏のアスリート理論による三者のコラボレーションから生まれたコアテクノロジーが生きるEMSトレーニングギア。

 

プロのアスリートから、各界のプロフェッショナルまで使用実績に裏付けられた革新の技術がシックスパッド大ヒットの理由。

 

注文が止まらない驚異の筋トレマシーン「シックスパッド」の特徴や魅力を紹介します。

 

シックスパッドはどんな商品?

シックスパッドは、運動医科学研究の権威である京都大学名誉教授の森谷敏夫氏が開発したEMSのトレーニング器具です。

 

森谷氏の研究によりはじき出された周波数20Hzは、筋肉に必要な刺激を与えトレーニングが有効的に働く数値であることを発見。

 

筋肉に負担をかけず、効率的にトレーニングができるEMS機器を開発することに成功しました。

 

これまでの低周波数トレーニング機器の欠点ともいう痛みを感じるデメリットを改善し、40年にわたる研究は、学界でも発表され、世界的に注目を集めています。

 

シックスパッドのトレーニングは、スマートフォンのアプリを活用することで筋トレを可視化し、さらに効率よくトレーニングを継続するスペック使用することができるようになりました。

 

日本スポーツ用品大賞3文門を総なめするという驚異のアワード受賞は、最も革新的だった商品部門で1位を獲得し名実ともにトレーニング機器業界に革命を起こした商品となりました。

 

シックスパッドの販売元MTGがマザーズに上場

ブランド開発会社シックスパッドの販売元株式会社MTGは2018年7月10日に東京証券取引所マザーズへ上場することが決定しました。

 

株式会社MTGの最初のブレイクは、2009年にビューティブランド「リファ(REFA)」のローラー美顔器が累計販売700万本を突破する大ヒット商品になったことでした。

 

サッカーのクリスティアーノ・ロナウド選手が開発パートナーを務め監修にも携わったシックスパッドは、発売から2年で100万台を売り上げたメガヒット商品

 

また歌手のマドンナ(Madonna)と共同開発したスキンケアブランド「MDNA スキン(MDNA SKIN)」など、多岐にわたりビューティ、ウェルネスブランドを展開しているブランド開発会社です。

 

 

愛知県に拠点を置く株式会社MTGの代表取締役社長松下剛氏は、会社のマザーズ上場への承認を受け、「今後もお客様に長く愛され続けるブランドつくりを進めるとともに、グローバルにおける事業拡大を従業員一丸となって邁進し、日本初のブランドを世界へ発信してまいります」と抱負を語っています。

 

シックスパッドはロナウドが使うEMSトレーニングギア

シックスパッドは、世界最高のサッカー選手にだけ与えられるバロンドールを4回受賞、驚異の記録を更新続けているクリスティアーノ・ロナウド氏監修のもとに改良が重ねられているEMS筋トレ器具

 

ロナウド氏のトレーニングメソッドによって進化し続けているシックスパッドのメカニズムについてご説明します。

 

世界最高峰のEMS理論

EMSとは、Electrical Muscle Stimulation筋電気刺激といい、電気刺激によって筋肉トレーニングをする方法です。

 

EMSトレーニング・ギア を使用すれば、場所を選ばず筋トレが可能

 

筋肉運動は、基本的に脳からの信号伝達によって作動する運動ですが、EMSトレーニング機器を装着することによって脳からの伝達なしに筋肉を効率よく動かすことができます。

 

筋肉は、細い筋線維で構成され、速筋と遅筋に分類されます。

 

速筋は発達しやすい筋肉で、トレーニングによって、引き締まったプロポーションを形成しやすいという特徴があります。

 

その反面、通常のトレーニングでは、急速に心拍数が上がる高強度の負荷をかけなければ刺激できない側面がネック。

 

 EMSトレーニングは、少しの負荷でも速筋に重点的にアプローチできるため、短期間で効果を実感できます。

 

シックスパッドの生体効果検証実証済み

中京大学 国際教養学部 渡邊航平 准教授らの研究グループは、シックスパッドトレーニング(筋電気刺激)の筋収縮によって、生理学的に筋疲労が発生するのかという検証を行っています。

 

この研究内容は、第16回日本電気生理運動学会で正式に検証結果として発表されました。

 

研究は21歳の男性12名(平均身長173p、平均体重63s、BMI20.7)を対象に調査が行われました。

 

調査対象となる運動は次の5項目。

・1.最大筋力(MVC-PRE)の測定
被験者の右腕を等尺性肘関節屈曲筋力測定装置に肘関節角度120度で動かない状態で測定
・2.表面筋電図中央周波数(MF-PRE)の測定
筋電計を使用し,最大下筋力(MVCの50%を3 秒間維持する課題)発揮中の上腕二頭筋近位部の表面筋電図を双極誘導を用いて記録
・3.運動負荷

<電気刺激テスト>

上腕二頭筋近位部に骨格筋電気刺激装置(MTG社製)を貼付し,伸縮性バンドで固定し、約20分間の電気刺激を送る。

 

刺激強度は被験者の耐えうる最大刺激強度であるが、最大刺激強度(40V)を装置上限とする。刺激頻度は20Hzとし,3秒間の収縮を2秒間の弛緩を挟み連続的に行う。

<随意運動テスト>

電気刺激で誘発されたものと同等レベルの随意運動テストで,最大筋力の約12%の筋力を発揮する随意運動(等尺性肘関節屈曲運動)を3秒間の収縮に2秒間の弛緩を挟み約20分間行う。

・4.筋肉への負荷付与後の最大筋力(MVC-POST)の測定
(テスト1.と同様の方法で試行)
・5.筋肉への負荷付与後の表面筋電図中央周波数(MF-POST)の測定
(テスト2.と同様の方法で試行)

 

以上のテストによって、最大筋力の変化率(MVC-POST/MVC-PRE)では、電気刺激テストで平均71.9、随意運動テストで平均93.2という数値から、電気刺激の方が有意に最大筋力が低下していたという検証が明らかになりました。

 

同様に最大下筋力発揮中の筋電図中央周波数の変化率(MF-POST/MF-PRE)におけるテストでは電気刺激テスト平均87.0、随意運動で平均105.5で、電気刺激の方が有意に低下するという結果が導き出されました。

 

この研究結果から、EMSトレーニング器具によって運動によって引き起こされる筋肉痛も軽減することが明らかになっています。

 

シックスパッドシリーズ

シックスパッドには、運動の部位によって効率的に筋トレを行うことができるトレーニング別シリーズが提案されています。

 

シックスパッドシリーズは全部で5種類。

 

それぞれの特徴と使い方をご紹介します。

 

Abs Fit2

シックスパッドシリーズのAbs Fit2は、腹筋専用トレーニングに開発されたシックスパッドで、6つの羽が腹筋を刺激します。

 

腹筋を集中的に鍛えるためのスペックが備えられています。

 

ボタン電池交換不要の充電式を採用し、約5時間の充電で、30回の使用が可能になりました

 

いつでもどこでも手間なく装着できるのが魅力です。

 

 

シックスパッドの商品コンセプトは「身につけるトレーニング・ギア」。

 

柔軟性の高いソフトシリコンを採用し、身体の形状に合わせ柔軟に曲がる薄さ約3mmを実現しました。

 

筋肉トレーニングに重要な継続性を高めるために、利便性発揮するためのBluetoothを搭載し、スマートフォンのアプリケーションと連動

 

筋トレの進捗状態を目で確認することで平坦になりがちなトレーニング時間を楽しいひと時に変化させてくれます。無理なく計画的に続けられるトレーニング法に進化しました。

<使い方手順>

・1.電極部にジェルシートを貼り、腹部に装着
・2.1〜20の段階をご自分のペースに合わせて選択
・3.トレーニング終了後、元の台紙に戻す

※「ジェルシート」はシックスパッドの電気伝導を平均化するためと電気刺激を軽減するために特別に開発されたシートです。

 

水分吸収性に優れ、ジェルシート内の湿度を一定に保ち、汗によるムレを防止。

 

器具装着時は、粘着性があり、身体からはがした後はサラッとした使い心地が特徴です。

 

シックスパッド装着には、純正のジェルシート使用をおすすめしています。

 

Body Fit2

Body Fit2は、気になる部位(ウエスト・腕・脚など)に装着して効率的に鍛えるシックスパッドシリーズです。

 

両極ウイングに付けられた電極が、身体にぴったり合い、ウエスト、腕、脚に直接EMSが働きかけ効果的な筋トレができます。

 

Abs Fit2同様、スマートフォンアプリとの連動で効率的で継続的な運動が続けられるのが特徴

 

充電式のシックスパットは、電池の交換が不要でいつでもどこでもトレーニングができ非常に便利です。

 

(使用手順はAbs Fit2同様)

 

Arm Belt

Arm Beltは、腕を集中的にトレーニングする腕専用のシックスパッドです。

 

ずれにくく、はがれない構造で、上腕二頭筋、上腕三頭筋にアプローチ。

 

パーツごとに分かれたトレーニングによってより均整の取れたバランスの良いプロポーションを作り上げることができます。

 

アームベルトにも充電機能を装備。

 

場所を選ばずトレーニングが可能になり、読書をしながらテレビを見ながらなど筋トレが身近なものになります

 

装着方法もいたって簡単。専用ジェルシートをつけて、筋トレ部分に装着するだけ。

 

ほかのシックスパッド同様にスマートフォンアプリとの連動で便利で楽しいトレーニングが実現できます。

 

Leg Belt

Leg Beltは、ずれにくく、はがれないベルトで、大腿四頭筋、内転筋、ハムストリングにアプローチし脚を集中的にトレーニングする脚専用シックスパッド

 

充電式、携帯アプリ連動のスペックはほかのシックスパッドシリーズ同様。

 

使い方も、トレーニングしたい足の部位に装着し、20段階の調節でレベルを選択、気軽に筋トレを楽しむことができます

 

Abs Belt

Abs Beltは、Abs FitとBody Fitがひとつになったおなか周りを集中的に鍛えるシックスパッドです。

 

Abs Fit2が腹筋全体をカバーするのに対し、Abs Beltは腹部からサイドに至るまで、おなか全体を網羅したデザインが特徴

 

たるみがちなおなか周りが一気にシェイプアップできる理想のEMSトレーニングです。

 

装着方法は、すべてのシックスパッド同様で、ジェルシートをシックスパットに付着させ、ベルトを腹部に固定したら、サイドのベルトを体に巻き付けるように固定します。

 

Abs BeltはS,M,Lサイズ(ウエスト58p〜100p)、LL,3Lサイズ(ウエスト80p〜120p)の2種類のモデルがあり、小柄なかたから大柄な方まですべてのボディタイプの方の使用が可能です。

 

シックスパッドギアシリーズ

トレーニングの効率を上げるのは、筋トレ器具だけではありませんでした。

 

運動科学の見地からも証明されたトレーニング効率の向上がはかれるメカニズムがそこに隠されていました。

 

シックスパッドには、トレーニングを効果的に行うためのトレーニングギアも取り揃えています

 

 

シックスパッドが提案するトレーニングギアは、伸びにくいハイパワーゾーンと伸びの良いストレッチゾーンによって形成されたデザインが特徴

 

脚全体をスパイラル状に包むハイパワーゾーンが、関節まわりをやさしくホールド。

 

ひざの屈伸運動に負荷をかけ、太もも裏側にあるハムストリングのトレーニングを効果的に導きます。

 

丸みのある引き締まったヒップラインを形成し、ソフトな着圧補整機能つきもうれしいスペック

 

衣服の下に着ても目立ちにくく、オフィスや外出先など幅広いシーンで着用できる薄型にデザインされています。

 

タイツ、アーム、ウエストの3種類があり、男女兼用でサイズ違いが用意されています。

 

<Training Suits Tights タイツのサイズ>

 

S(ウエスト58p〜66p・ヒップ82~91cm)
M(ウエスト66~74cm・ヒップ90~97cm)
L(ウエスト74~82cm・ヒップ96~104cm)
LL(ウエスト82~90cm・ヒップ)

 

<Training Suits Arm アームのサイズ>

 

S(上腕21~25cm・手首14~16cm)
M(上腕25~29cm・手首16~18cm)
L(上腕29~33cm・手首18~20cm)
LL(上腕33~37cm・手首20~21cm)

 

<Training Suits Waist ウエストのサイズ>

 

S(ウエスト58p〜66p・ヒップ82~91cm)
M(ウエスト66~74cm・ヒップ90~97cm)
L(ウエスト74~82cm・ヒップ96~104cm)
LL(ウエスト82~90cm・ヒップ)

 

トレーニングギアの着用方法と注意事項

シックスパッドのトレーニングギアは、EMS機器との併用はできません

 

普段のシックスパットトレーニングの効果を最大に引き出すためのボディメイキング用のアウトフィットです。

 

身体の形成を筋肉運動だけでなく、動きに沿ったサポートメカニズムでよりよいプロポーションに仕上げていくためのコンビネーションアイテムです。

 

着用方法は、椅子や床に座り身体が安定した状態で、タイツ全体を両手で寄せてたくし上げてから、片足ずつ着用します。

 

 

ほかの部位も同様に、生地をあらかじめたくし上げて引っ張りすぎないように装着。

 

タイツは選択表示がある側が後ろになるようにあわせ、グレーのハイパワーゾーンが膝の位置になるように履きます。

 

股にたるみが出ないように、体にしっかりフィットさせて着用しましょう。

 

初回の着用は短時間の15分〜20分が適当です

 

最大でも5時間を限度に無理のない着用を心がけます。

 

妊娠中や、生理期間中の女性のは、体調に異常をきたす可能性もありますので、着用はおすすめできません。

 

指定部位以外や就寝時の着用は避け、長時間着用の場合は、適度に着脱を繰り返して締め付けすぎないように調節しましょう。

 

シックスパッドのトレーニングジム?

今年6月1日、トレーニング・ギアブランド「シックスパッド(SIXPAD)」の新事業であるトレーニングジム「シックスパッド ステーション」が東京の代官山にプレオープンしました。
新展開のトレーニングジム「シックスパッドステーション」ではIoTによる情報管理のもと、EMSが全身に通電するEMSフルボディースーツを装着して行われるトレーニングを提供。EMSを制御するコントロールタワー、動作の認識や姿勢チェックなどを行うデジタルトレーニングミラー、EMSスーツのデバイスが連動し合い、一人一人に最適なトレーニングに導くというコンセプト。デジタルトレーニングミラーを活用して、トレーニングフォームや鍛えたい部位をチェック、全身の筋肉にバランスよく電気刺激を与え、15分間という短時間で全身トレーニングが可能になる画期的なジムです。

 

忙しくて普段はジムに時間を対やできない人をターゲットにした新型トレーニング法で、結果のフィードバックや筋肉の可視化など、トレーニングを楽しく続けられる環境整備が特徴。オプションメニューには、心身をリセットする「ZENROOM」も設け、プロジェクションマッピング映像が流れる室内で、姿勢や呼吸の深さ、心の落ち着きを取り戻すことができる禅の空間を提供。今後は国内で500店舗、世界で5000店舗の展開を目指していく計画があります。

 

<料金体系>

シックスパッド ステーショントライアル
初回体験:3000円
ドロップイン(1回利用)は8000円
週2回以上の利用は特典による割引適用も考案中

 

<SIXPAD STATION>

時間:10:00〜20:00 ※プレオープン期間のみ
定休日:水曜日
住所:東京都目黒区青葉台1-4-10 代官山LOGビル 1?2階

 

 

シックスパッド専用アプリケーションで効果的なトレーニング

シックスパッドにはスマートフォンのアプリケーションを連動させて効果的にトレーニングをすることを推奨しています。

 

便利で使いやすいアプリの特徴とスペックをご紹介します。

 

Bluetooth接続でリモコンのように使用可能

スマートフォンのアプリはBluetooth機能で簡単に接続ができます。

 

アプリを利用してスマートフォンからレベルの調整や一時停止などリモコンを使用するように簡単に操作が可能

 

旧型アプリには搭載していなかった運動レベルの表示や、急な来客電話受信のための一時停止機能が加わり、さらに使いやすくなったバージョンに進化しています。

 

筋トレ部位の視覚化が可能

トレーニング中は、筋トレ部位が画面に表示され残り時間、トレーニングモード、レベルなどの情報が一目で確認可能になりました。

 

最大で6台のシックスパッドが同時連動でき、全身のトレーニングにも便利なスペックです。

 

充電時期が一目でわかる電池残量お知らせ機能

トレーニング中でもシックスパットの電池残量が一目で確認できる機能が搭載。

 

充電時期がアプリで確認できる便利なスペックです。

 

電池から充電式にグレードアップしたことで、場所を選ばずトレーニングができ、旅先やオフィスへの携帯にも役立ちます。

 

トレーニングアドバイスが受けられる機能

シックスパッドトレーニングが終了すると、プロのアドバイザーからのコメントが届く機能が搭載されています。

 

自宅や出先でも手軽にできるトレーニングは非常にユースフルですが、ジムに通うのとは違い専門家のアドバイスをすぐに受けることができません。

 

シックスパットのアプリには現状のトレーニングにあわせ、専門的な見地から筋肉の作り方のアドバイスが届くシステムになっています。

 

筋トレの進捗状態を確認しながら運動を続けられ、トレーニングの励みになるでしょう。

 

シックスパッドはダイエットに効く?

シックスパッドを購入する人に脂肪太りを解消するダイエット目的の人がいます。

 

簡単に筋トレをできるシックスパッドで実際に脂肪が減少するのでしょうか?

 

シックスパッドのサイトで奨励しているエクササイズのタイプは次の6つ。

・お腹周りを重点的に引き締めたい
・ウエストを細くしたい
・腕の贅肉を引き締めたい
・脚を引き締めてすっきり見せたい
・たるみが気になる部分を引き締めたい
・デイリーエクササイズとして取り入れたい

 

公式サイトでは、ダイエットの方法には推奨していません

 

シックスパッドの特徴は、高度の有酸素運動でしか形成が難しいインナーマッスルの確立をEMSトレーニング器具を使って作り出すのが目的で、ダイエットへの即効性は認められません。

 

インナーマッスルや筋肉が増加することによって、基本的に痩せやすいエネルギー燃焼のよい身体作りができるため、最終的には体重も減少につながります。

 

シックスパッドを併用してダイエットを成功するためには、食事療法や生活環境を整える必要があるといえるでしょう。

 

実際に使用を続けているユーザーの口コミに、使用1か月から2か月時点で、筋肉の増加が認められたものの、シックスパッドによってダイエットに成功したという結果は認められていません。

 

バランスのよりよいプロポーション作りのためにシックスパッドを活用することが適切な使用法と言えるでしょう。

 

シックスパッドでマッスル強化するための方法

シックスパッドは、多くのスポーツ選手、ヨガのインストラクター、レーシングドライバー、大学のクラブなど身体を鍛えるスペシャリストから健康のスペシャリストまで幅広い層の人たちに愛用されているマシーンです。

 

シックスパッドを単品で使用するだけでも十分な効果は期待できますが、用途や目的に合わせてさらに効率的に筋力アップを図りたいとお考えの方に、シックスパッドの効果的な使い方をご紹介します。

 

一日のいつ使うと効果があがる?

シックスパッドの一日の使用時間は23分とされています。

 

タイマーが稼働して、ながら筋トレでも時間が来ると勝手にスイッチがオフになりますので、時間や場所を気にせずトレーニングできるのが便利です。

 

23分のトレーニングはいつ行うのが効果的なのでしょうか?時間別に期待できる効果をご覧ください。

 

朝食前

空腹時に筋肉を動かすことは、一日の代謝が上がりやすくなりエネルギーを燃焼しやすくなります。

 

食後2時間後

食後十分に消化に費やす時間をおいてからのトレーニングは、エネルギーが補充されているため、筋トレの効果が発揮しやすくなります。

 

午後15時から18時まで

日中は身体が十分にあたたまり活動モードになっています。

 

この時間帯は燃焼がよくなり筋肉の形成がやりやすくなります

 

入浴前

筋トレによって程よいエネルギー燃焼を身体に与えることができ質のよい睡眠が期待できます。

 

有酸素運動中

シックスパッドを着用しながら、軽いジョギングや有酸素運動を取り入れることで、消費カロリーが多くなりダイエット効果が期待できます。

 

一日の中の同じタイミングに合わせて筋トレをすることで効率的にトレーニングをすることが計画的な筋トレで、インナーマッスルを鍛え健康な体を手に入れましょう。

 

シックスパッドの正しい使い方を学ぼう!

シックスパッドを使用するタイミングも重要ですが、効果を上げるためには正しい使い方をすることが大切です。

 

見落としがちな間違った使い方や、使用上の注意についてまとめました。

 

一日1回の使用回数を守ろう!

シックスパッドの使用は1日に1回と決められています

 

タイマーセットで一回23分のトレーニングで効果が実感できるスペックが供えられたマシーンです。

 

身体の同じパーツに何度もシックスパッドを使用すると筋肉にダメージを与えかねません。

 

限度をまもったトレーニングを遂行しましょう。

 

指定のジェルシートを使用

シックスパッドの使用法注意にも記載がありますが、パッド側に付着させるジェルシートはシックスパッド専用に開発されています。

 

正規品は低周波による刺激をやわらげ、電気刺激が有効的に筋肉に働くように計算されています

 

トレーニングの効果を最大に実感するために、正規品のジェルシートを使用しましょう。

 

シックスパッドの使用は継続すること

シックスパッドを数回使用したからと言って、体に劇的な変化が現れるわけではありません。

 

プロのアスリートが常に美しいプロポーションをキープできるのは、日々のトレーニングを欠かさないからです。

 

シックスパッドの使用は、最低月単位で、経過を見ながら続けていきましょう。

 

実感が分かりにくい方は、1カ月、2カ月とトレーニングの経過にあわせて写真やサイズの記録をとり、見比べてみましょう。

 

自分では、わかりにくいかもしれませんが、時の経過とともに必ず変化を発見できるはずです。

 

シックスパッドを体の正しい場所に装着する

シックスパッドは、運動科学に基づいて開発された筋力向上マシーンです。

 

使用上の使い方と使う場所をしっかり把握して、正しい部位に正しく装着しましょう

 

胴部や太ももといった装着部が大きい場所は、胴体ベルトなどでしっかり固定をして、体に密着することを確認しましょう。

 

シックスパッドのレベルは徐々に上げる

シックスパッドには1〜20までの20段階にレベルが分かれています。

 

初心者の方でも15レベル程度は十分トレーニングできますが、最初からいきなり高いレベルを選択すると、筋肉を傷めてしまう可能性があります。

 

普段特別な運動やエクササイズをしないという方は、低いレベルから徐々にレベルを上げていきましょう。

 

シックスパッドはどこで買う?楽天それともアマゾン?

シックスパッドは、楽天とアマゾン、公式サイトで購入することができます。

 

楽天には公式サイトMTGが出店する「MTGオンラインショップ」があります。

<楽天での価格>

Abs Fit2 シックスパッド単品 :27,864円(送料無料)
シックスパッド アブズベルト S/M/Lサイズ :42,984円(送料無料)
シックスパッド アブズ&ツインボディセット2:65,664円(送料無料)

 

楽天の公式サイトMTGオンラインショップは、学割、30周年記念30%ポイントバック、などのキャンペーンが適用されるため、特に楽天で通常お買い物をする方には有意です。

 

<アマゾンの価格>

アマゾンにも公式MTGが出店するアマゾンオンラインショップがあります。

 

シックスパッドアブズフィット2単品:27,894円(通常配送無料)
シックスパッドアブズ&ツインボディセット2:45,792円(通常配送無料)

 

アマゾンのシックスパッド公式サイトでは、単品はすべて定価で販売され通常配送が無料です。

 

シックスパッドはお得な公式サイトで購入がおすすめ!

シックスパッドは価格もお得で特典がたくさんある公式サイトで購入しましょう。

 

<アブズフィット2>

通常価格 ¥25,800 (税込 ¥27,864)

 

<アブズ& ボディセット2>7%お得

アブズフィット2:通常価格 ¥25,800 (税込 ¥27,864)
ボディフィット2:通常価格 ¥19,800 (税込 ¥21,384)
通常合計価格¥45,600(税込 ¥49,248)→セット価格¥42,400(¥45,792税込)

 

<アブズ& ツインボディセット2>7%お得

アブズフィット2:通常価格 ¥25,800 (税込 ¥27,864)
ボディフィット2x2:通常価格 ¥39,600 (税込 ¥42,768)
通常合計価格¥65,400(税込 ¥70,632)→セット価格¥60,800(¥65,664税込)

公式サイトで購入の場合に保証される特典があります

・1.HMBサプリメント(単品)を10%OFFで同時購入可能
・2.送料すべて無料
・3.1年保証つき
・4.プレゼントラッピング可能
・5.100円毎1ポイント
・6.代引き手数料無料
・7.14時までの注文で当日発送

シックスパッドは、公式サイトで購入がお得です。

 

楽天やアマゾンには採用していないポイント制度は、ポイントを利用して商品に変換することができる特典が利用できます。

 

代引きによる手数料無料も公式サイトのみの限定特典。

 

HMBのトレーニングサプリメントが、定期購入で毎回10%オフになるお得なコースも利用することができます。

 

シックスパッドのまとめ

シックスパッドは、トレーニングで起こしがちな筋肉への負担を軽減し効果的にインナーマッソルを鍛えるEMSトレーニングマシーンです。

 

サッカー選手クリスティアーノ・ロナウドの監修と運動医科学の権威森谷敏夫氏の共同研究により生まれた革新的なEMSは、既に100万台以上の売り上げを上げる大ヒット商品。

 

科学根拠に基づいて開発されたマシーンが確実に効果を上げることを物語っている数字でもあります。

 

忙しい日本人の運動不足の悪循環を断ち切る良い起爆剤としても、どこでも誰でも手軽に始められるインナーコアトレーニング。

 

無理なエクササイズを強いられずに簡単に体を鍛えることができる理想の形がここにあります

 

年齢や性別にも関係なく始められるシックスパッドトレーニング。

 

運動不足で体に活力がないと感じていらっしゃる方は、本格的筋トレがイージーに始められるシックスパッドを体験してみてはいかがですか?